医療安全BOOKS9
 医療安全研修テーマ・実践例集
研修が活性化する計画から実施のコツまで
 監修:日本医療マネジメント学会
 監修:日本医療マネジメント学会医療安全委員会委員長
    東京医療保健大学 副学長 坂本すが
 発行日:2020年10月 版型:A5判
 3,080円(本体2,800円+税)
 下記より直接お申し込みいただけます:
 https://www.medica.co.jp/catalog/book/8065?e_flg=0
 MCメディカ出版  

■第1章
医療安全研修の「い・ろ・は」

■第2章 研修実践例
【新人研修】
・品質管理の考えかたに基づいた新人教育

【リスクマネジャー研修】
・リスクマネジメント研修
・事例発生時に活かせる医療安全教育の試み
 ─ 現場の医療安全管理リーダーを育てる

【意識向上】
・安全文化醸成に向けての活動
 ─ 部署安全管理者カンファレンスと安全リンクナース活動

【インシデント予防】
○指差呼称
・指差呼称の定着を目指して
○注射
・注射薬投与時の「確認動作危険予知トレーニング」の効果
○注射薬調製
・看護師の考えや行動の変容を目指した取り組み
 ─注射薬調製時の確認方法におけるシングルチェックの実践
○転倒・転落
・転倒・転落防止活動の実際
○MRI 検査
・MRI チェックリストの運用と磁場体験型研修を通じて
 ─職員の安全意識の向上を目指して
○インシデントレポート
・医療安全に対する研修医の意識改革について

【急変対応】
○転倒、多職種連携
・多職種連携の急変対応シミュレーション研修から学ぶリスクマネジメント
○CPRトレーニング
・ポイントを絞った、少人数での院内心停止対応トレーニングの効果

【コミュニケーション】
・現場スタッフへのチームSTEPPS研修
・チームSTEPPSを利用した看護師のノンテクニカルスキルの向上
・心理的安全性確保のためのアサーション研修

【院内暴力】
・「院内暴力についてみんなで考えよう」院内研修

【研修参加率向上】
・医療安全管理研修eラーニング2年目の試み
 ─ eラーニングステーションを開設して

■医療安全研修資料・おすすめ教材集

学会監修書籍一覧へ戻る

目次